知っトク!生酵素のはたらきと効果的な摂り方

HOME » 生酵素についての基礎知識講座 » 生酵素の理想的な摂り方

生酵素の理想的な摂り方

便秘解消やダイエット、健康維持の面でも気になる酵素ですが、どういった食物をどのタイミングで摂ることが理想的なのでしょう。

理想的な「生酵素」の摂り方って?

生酵素はおもに、野菜や果物などの食物にたくさん含まれています。とくに新鮮な生の野菜や果物、お刺身などの生の食品や、味噌や納豆、お漬け物などの発酵食品にも豊富に含まれており、食事で摂取する場合は、これらの食品を多くすることが望ましいでしょう。

生酵素を手軽に取れるレシピといえば、野菜や果物のジュースが挙げられます。朝ごはんのタイミングで、新鮮な野菜や果物をミキサーにかけて、作りたてをすぐに飲めば、食物酵素のほか、ビタミンやミネラルも一緒に摂れるのでおすすめですよ。

また、食材の摂り方をひと工夫するだけで、生酵素をより効率的に摂ることができます。

それは、生野菜や果物を皮ごとすりおろすこと。すりおろすことによって、野菜や果物の細胞が破壊されて、酵素が細胞の外に出てくるため、吸収される量もだいぶ変わってくるのです。

生酵素サプリの正しい選び方は?

忙しく活動的な現代人にとっては、一食一食に細かい手間を掛けるのは難しいですよね。そこで、食事と一緒に生酵素サプリを取り入れることをオススメしたいと思います。

まずサプリメントのタイプですが、タブレット(粒)タイプのものを選ぶといいでしょう。

サプリのタイプには、ドリンクやタブレット、粉末などさまざまなものがありますが、実はドリンクタイプの酵素サプリは、すべて生酵素ではありません。というのも、瓶詰めの製品を作るときには65度以上の熱を加えることが食品衛生法で定められているため。酵素は、60℃以上に加熱すると、ほとんどの効力が失われてしまうのです。

また、粉末タイプのものも要注意。一般的に、粉末化するためには加熱する方法が取られているほか、酵素が働くためには必ず水分が必要になります。酵素サプリを粉末化するには、一度水分が取り除かれるため、体に入った後の働きが弱まってしまうというデメリットもあります。

そのため、酵素サプリを選ぶときは、カプセルタイプのものが最も効果的といえます。ぜひ、毎日の食事と一緒に、カプセルタイプの酵素サプリを摂ることをおすすめします。