知っトク!生酵素のはたらきと効果的な摂り方

HOME » 生酵素についての基礎知識講座 » そもそも生酵素とは

そもそも生酵素とは

そもそも酵素とは一体何者なのでしょう。身体に良いものとして話題になっている酵素ですが、それをきちんと説明できる人って意外と少ないのかもしれません。

酵素とはそもそも何なのか

酵素とは、血液の循環や呼吸、カラダの代謝活動や食べ物を消化吸収するときなどに必要な物質のこと。

例えば、毎日の生活のなかで私たちが普段の食事で栄養を摂取しても、それだけでは体の中できちんと機能しません。

体内に酵素があって初めて、栄養をエネルギーに変えることができます。つまり酵素とは、運動をしたり、会話したり、人間が日々の活動を行ううえで必要不可欠な、生命活動そのものをつかさどるといっても過言ではないくらい大切な物質なのです。

生酵素と酵素のちがいって?

それでは、話題の生酵素と酵素のちがいは何なのでしょう?

酵素とは、もともと体内に存在しているもの。酵素を摂取することで、便秘が改善したり、代謝機能がアップしてダイエット効果が得られたり、冷え性改善や免疫力アップなど、さまざまな効果も期待できます。

そんな酵素を摂取する上で注意したいのが、熱に弱いという特性。60℃程度の熱で大部分が壊れてしまうため、ビタミンCと同じように、なるべく「生」で摂取することが重要になってきます。

酵素を扱った商品にはさまざまなものがありますが、例えば、ドリンクタイプや粉末タイプの酵素の商品は、加工の段階で熱を加える方法が取られているために、酵素の力が大きく失われてしまっています。

一方、生酵素とは、酵素の発酵から熟成にいたるまで、加熱を一切していない酵素のことです。

生酵素がなぜ身体にいいか

生酵素の特長は、一切熱を加えないで作られているところにあります。そのはたらきを一切損なうことなく製造されているため、身体のなかでより多くの消化酵素や代謝酵素などの重要な成分を作り出し、役立てることが可能。

生酵素は、ダイエットや便秘や冷え性改善、代謝機能アップなどの効果がより高いとされ、たくさんの人の健康維持やダイエット成功に役立っています。酵素を補いたいのならば、生酵素を摂取することが断然オススメです。